RFID(ICタグ)

1.RFID:Radio Frequency IDentification(ICタグ)

ICチップとアンテナフィルムを融着したものがICタグです。
ICタグは、電源を持たない電子回路でRFIDリーダーからの電波を受けICタグのアンテナからICチップが給電され、
RFIDリーダーからのコマンドに応答を行うことで通信を行います。 ICタグには、予めユニークなID(重複しない識別番号)が
格納されており、ICタグを物品、人等に貼付・取り付けることで対象物の認証・追跡管理を実現します。

RFID(ICタグ)にできること

ICタグを商品・製品や人(所持品)に付ける事により

  • ◆梱包された商品・製品を開封せずに、その中の内容や数を、短時間に調べることができます。
  • ◆大量に保管している商品・製品の情報も、短時間に調べる事ができ管理も容易に行えます。
  • ◆商品・製品・人の認証や追跡が行えます。

2.RFIDの分類

■周波数帯による分類:135KHz以下,13.56MHz,2.45GHz,UHF帯920MHz
■バッテリーの有無による分類:Passive-type, Active-type, Semi-Passive-type
■メモリータイプによる分類:EEPROM, ROM, etc.
■データの読書き能力による分類:Read/Write-type,Read Only-type

RFIDの使用する周波数帯と
日本における規格・規制について

使用周波数 製品 アプリケーション 特徴
13.56MHz Felica(SONY)
Icode(Philips)
個人認証、定期券、電子マネー等 水分影響が少ない。ごく近距離(約10cm程度)での通信を行うアプリケーション用途。
個人認証等のセキュリティ用途。
UHF(920MHz帯) EPC Global Gen2タグ
ユビキタスタグ
物流関係全般コンテナ、パレット管理制服管理、備品管理ロケーション管理在庫管理、金型管理工具管理、書類管理、他 通信エリアが広い。ICタグの種類により読取距離が数cmから30mまでの対応が出来る。 金属タグも種類が多数ある。 業務に合わせてタグの加工が出来る。
2.45GHz帯 2.45GHz帯S-ラベル
ミューチップ
パーツ管理、在庫管理、コンテナ管理等 サイズが小さい。
読取距離1.5m程度、指向性がある。

RFIDの基本構成

RFIDの使用する周波数帯と特徴について

方式 使用周波数帯 ISO/IEC18000 Part No.
(Air Interface)
ARIB標準 伝送方式
または
電波方式
出力電力
+空中線利得(ANTゲイン)
使用制限 無線局免許
誘導型
(Inductive型)
<135KHz 2
(微弱無線局)
微弱無線 電界強度規定
(3m測定法)
500uV/m
限定無し 不要
13.56MHz 3 STD-T82 固定周波数 電界強度規定
(10m測定法)
47.544mV/m
限定無し 不要
電磁波型(Propagation型) 920MHz
(UHF帯)
6 STD-T106
(構内無線局)
周波数固定 1w+6dbi
(4w e.i.r.p.)
構内限定 必要 (無線局)
周波数固定
(lbt方式)
1w+6dbi
(4w e.i.r.p.)
構内限定 必要(登録局
(包括登録))
STD-T107
(特定小電力無線局)
周波数固定
(lbt方式)
250mw+3dbi
(0.5w e.i.r.p.)
限定無し 不要
2.4GHz 4 STD-01
(構内無線局)
周波数固定
または
ホッピング
300mw
20dbi以下
構内限定 必要(無線局)
(登録局
(包括登録))
STD-29
(特定小電力無線局)
周波数固定 10mw
20dbi以下
限定無し 不要
STD-T81
(特定小電力無線局)
ホッピング 3または10mw/mhz 6dbi以下 限定無し 不要

※.パッシブ型RFIDのみの記載となります。

ほかの自動認識技術との優位性比較

対比項目 UHF帯RFID HF帯RFID バーコード QRコード カメレオンコード
距離特性
(〜8m)

(〜40cm)
×
(数cm)
×
(数cm)

(画像認識距離でカメラ性能に委ねられる)
角度特性 × × ×
複数認識 × ×
データ書換 × ×
タグサイズ
物質透過性
(水・金属NG)

(金属NG)
× × ×
秘匿性 × ×
耐環境・汚損耐性
(汚損に強い)

(汚損に強い)
×
(汚損・擦れに弱い)
×
(汚損・擦れに弱い)
×
(汚損・擦れ・色褪せに弱い)
H/W環境 リーダー+ANT リーダー+ANT リーダー リーダー 専用カメラ
タグコスト
応用範囲特長 ・物流・在庫管理
・入出荷検品 
・タグの低コスト化
・読取距離の延伸
・利用者数多い
・認証カード 
・個品・物品管理 ・個品・物品管理 近年のカメラ技術とPCの性能向上で実現が行えている認識技術

↑ ページの上部へ

中出力UHF帯RFIDリーダ

レンタル事業者様向け 入出庫管理業務アプリ